« とほほ。 | Main | 3月の粘土教室 »

January 30, 2009

6年ぶりの東京

Dscf4013
先週末、息子が春から住むアパートを決めてきた。大学へ徒歩12分の小さなアパート。
大学の一人暮らし相談会に親子3人で出かけ、不動産屋さんに5件案内してもらい、ほとんど同じ様なつくり、最後に見た物件に決めた。決め手は窓からの景色かな。3人ともここが一番いいと、簡単に決まった。
この日はまだ暗い朝6時に家を出た。高速を走り東京に近づくと、車の窓から富士山が見えた。曇り空だけどそこだけがっぽかりと真っ白い富士山が浮かび上がっていた。東京からこんなに近くに富士山が見えたっけ?と思いしばらく見てたら、やっぱり富士山。旦那様も気がつき富士山だということになって、写真を撮ってみた。富士山が見えただけでテンションがあがった。いい日になりそうfuji
 その勝手な予感は当たり。スムーズにアパートも決まった。久しぶりの東京にちょっと緊張したけど、学校の辺りは、ほとんどいわきと変わらず、違和感無くこれなら息子も溶け込めそうだ。
 お昼頃早々と用事も済んでしまい、このまま帰るのももったいないので、昔旦那様が住んでいた浅草へcar
途中東京タワーDscf4015 発見。
 Dscf4016 浅草雷門。浅草は20年前と変わり町並みもきれいになり、すごい人で、お祭りのようでした。外国からの観光客が多いようです。
Dscf4017 昔は人力車いなかったな~。着物を着たお姉さんたちが乗ってました。
 ちょっと遅めのランチは『ハヤシライス』で有名な『ヨシカミ』へ。
Dscf4018 Dscf4019
Dscf4022 20分ぐらい待ちました。やっぱり、ハヤシライスは品切れ。
 ありつけたことが無い。私たち夫婦はオムライスを息子君は奮発してエマンセステーキ。この店は、気取らない町の洋食屋さん。それなりに美味しくいただきました。たくさん有名人の色紙が飾られてました。
Dscf4025 一人お留守番の娘にお土産・・・この店のスウィートポテトが有名らしいけど、行列が出来てたので、我が家の男共は並ぶ気はまるで無く、あきらめた。
Dscf4033 無難なところで舟和の芋羊羹をゲット!!
Dscf4040 Dscf4043
 浅草寺でお参りをして、帰ってきました。浅草寺のトイレはとても広くてきれいでしたよ。
こうしてだんだんと、息子がいなくなるんだな~と感じるこのごろです。


|

« とほほ。 | Main | 3月の粘土教室 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

chakraさん、お宅も来年ね。女の子は余計に心配だよね。
 息子は、人様に迷惑かけないでくれればいいかな~。と思っております。

Posted by: angelseed | February 14, 2009 at 05:05 PM

 よしえちゃん、自宅から通ってたんだ~。私の友達も栃木から東京に通ってたよ。親は女の子は心配だよね。

Posted by: angelseed | February 14, 2009 at 05:01 PM

いよいよなんだね・・・
来年は我が家も~ッと思うと他人事とは思えませんよsweat02
心配だよね・・うん、うん。わかるよ
車でたった3時間の距離でも、お兄ちゃんにとっても、家族にとっても大きな大きな一歩だものね・・・そりゃ複雑さね
あ~、なんだか「車輪の唄」のようだね
どうかどうか・・・
お兄ちゃんの新しい出会いが実りあるものでありますように・・・
そして心も体も健康でありますよに・・・
陰ながら応援させて頂きますわ
がんばれ~goodつーさまとそっくりなお兄ちゃん!
いろんな意味ででっかくなってきなさぁ~い!

Posted by: chakra | February 06, 2009 at 11:24 PM

短大は自宅から通学だよ。
これが条件みたいなもんだったし(笑)
だから就職先は家からあえて通えないところを選んだの(爆)へへへ

新生活の為の買い物は楽しいよね。
私なんて、その時買った炊飯器なんて今でも使ってます。
親には嫁入り道具を早々と買ってもらった感じでしょうか(笑)

あぁ、息子くん、本当に東京での一人暮らしが始まるのね・・・
なんだか私までじ〜んときてしまいます。

Posted by: よしえ | February 05, 2009 at 10:40 AM

よしえちゃん、短大の時は寮だったの?自宅から通学したの?
 お母さんが泣く気持ちわかるわ~。寂しくなんか無いと言ってはみるものの、いろいろ思い出したいすると、なけちゃうのよ。寂しいやら、こんなに大きくなったとか複雑にいろんな気持が入り乱れて、泣けちゃうのよ。
 引越しには娘も着いていくと張り切ってます。引越しなんだかショッピングなんだかわかんないよね。家具も家電も現地で調達したほうがいいしね
。  
東京にはたぶんそんなに行けないとは思うけど今までよりは・・・行きやすいかな。青山方面に行く時は連絡します。

Posted by: angelseed | February 04, 2009 at 11:35 PM

そうちゃん、運転は旦那様。ナビ役も緊張するの。文章が下手ですみません。

Posted by: angelseed | February 04, 2009 at 11:24 PM

ビバ、トウキョウ!

いよいよ新生活スタートですね。
私が就職のため一人暮らしが決まって、引っ越しを母に手伝ってもらった事とか、いろいろ思い出してしまいました・・。
母さん、涙ぐんじゃってね。結婚するわけでもないのに(笑)

angelさんもトウキョウに来る機会が増えるのかな?
寂しくなるけど、angelさんにとっても新しい環境が始まるんだね。
どうか、ご家族にとって素晴らしい春になりますように。

Posted by: よしえ | February 03, 2009 at 11:59 AM

ああ、そうなのね。
私はてっきり旦那さまが運転してこられたのかと思ってたから。
それは緊張するよね~
うちの妹なんか免許取ったけれど都心では恐くて運転できないって言ってるもん。
なんのために取ったんじゃーって感じですけどね。
それに私だって人酔いはする。
できるだけ新宿・渋谷・池袋には行きたくないです。
八王子はうちからもけっこうあるから近いとは言えないけれど、良い環境のところだよね。
無事、元気に暮らして欲しいもんです。
同じ息子を持つ身として、その複雑な心情、よ~くわかりますだ。
うちもあの子がいないと楽、肉食べなくていい、っていうのは一緒だね!
どこのうちも男の子(男?)は手がかかるのねー
『ハウルの動く城』のハウル見ててもそうだもんね。(たまたまさっき見てたものだから・・・)
無事サクラサク3月が来ますように!
angel さんも疲れ溜めないようにね~

Posted by: soukichi | February 02, 2009 at 11:48 PM

そうきちさん、田舎から東京は特に車だと緊張するのです。車線変更とか道をわかってないと、曲がり損ねちゃうとかあって。それに田舎の道路は無駄に広いし、東京の道路はぎりぎりまで建物が迫ってるので、同じ道幅でも狭く感じました。それに東京の人は歩くのが早いように感じます。街の中に行くと人もたくさんだし、人によっちゃうみたいですよ。
 それから息子の住むところは、八王子なのでここには写ってません。山も川もあって、白菜も転がってました。でも大きな街も近くにあるし、住みやすそうです。都心に家があるというのは、やっぱり教育する上でも、金銭的にも楽だな~。と思います。別に一人暮らしすると言うことは大学の学費と同じくらいかかってしまいます。家から通えるのは何よりです。経済的に苦しいけど、子供は親元を離れて暮らしてほしいので覚悟はしてました。
 息子がいなくなるのはさみしいのもあるけど、男の子いないと結構楽が出来るな~というのもあります。肉料理が減るしね。複雑ですね。一人いなくなるからか?このごろの我が家は結構仲良しです。4人で出かけたり、娘と息子が結構仲良くしてます。夫婦も仲良くするしかない雰囲気で、喧嘩しながらも仲良しです。後は娘の受験が終わればほっと出来ます。
 もう2月ですね。今の私は娘の受験が速く終わってほしいので3月が待ち遠しいのです。あーあぁ。

Posted by: angelseed | February 01, 2009 at 02:17 AM

angel さん、お久しゅう・・・
昔住んでても久しぶりに東京に来るのは緊張するものなの?
東京人の私にはその感覚はわからないや。
獲って食われるわけでもあるまいし、と思ってしまう。

それにしても息子クンのアパートの窓からの景色、ずいぶん都会なんですね。
家からこどもが1人いなくなる感じ、それも私にはまだ想像できないなあ・・・
さみしいものなんでしょうね。
でもみんな新しいスタートね。
良い春になりますことを!

Posted by: soukichi | February 01, 2009 at 12:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87105/43898827

Listed below are links to weblogs that reference 6年ぶりの東京:

« とほほ。 | Main | 3月の粘土教室 »