旅行・地域

March 23, 2013

島根の旅  出雲

石見銀山から出雲大社へ

Img_0797

Img_0801

 

Img_0806さすがに太いですね~。

ここで子供たちに縁結びのお守りを、それから縁結びの糸というものも買いました。

Img_0825

Img_0828

Img_0834

因幡の白兎です。この見てる先には大黒様が立っています。

Img_0842

帰り・・・なんとおめでたい。ここで式を挙げたのですね~。
記念写真です。おめでとうございます。
出雲大社は、若者が沢山。女子会やら、幸せそうなカップルやら・・・
そりゃ~縁結びの神様ですもの。
 この日の宿は、玉造温泉
玉造温泉の真ん中を流れる玉湯川
桜の木がびっちり植わってたけど、
ちょっと早かったな~。
と思ったら小さい桜が・・・・ひっそりと咲いてました。

Dscf3766

宿は長楽園庭園の中に大露天風呂がある。しかも混浴。
夕飯を早めに食べて、そのままこの大露天風呂へ。

Img_0848

女湯の入り口です。混浴とは勇気が要るけど・・・

せっかくだから、入ることにした。

男子は、そのままだけど女子は、体に巻くように布が用意されている。

女子は脱衣所に何人かいたけど、みんな上がった人たち。

一人岩陰から大露天風呂に進むと、旦那様が一人でした。

ちょうど、他の人たちはご飯のころ、夫婦で独占です。

旦那様はプールのように、泳いで中央へ、

私は、端っこのほうで月を眺めておりました。

ここのお湯は美肌の湯、ありがたくいただきました。

つるつるになったかしら?

夜はフィギャーを見て、ねっました。

朝6時半ごろに滝の水が流れ出しました。

夜中は音がうるさいからとめてるのでしょうか?

Img_0851

お部屋の窓からの景色↑

荷物はお土産結構なものになってたので、宅急便で送りました。

Img_0853

玉作湯神社です。急な階段が・・・なのでお参りしませんでした。

帰りは出雲空港からの便。

宍道湖沿いに空港に向かい、出発まで、2時間に以上あるけど、

母があまり動きたくなさそうなので、空港でお土産見たりしてすごしました。

Img_0854

この飛行機に乗りました。

両親たちの横に座ったのは20代の女の子。

案の定、彼女に一杯話しかけて、降りる時には

連絡先の交換をしておりました。

とにかくよくしゃべる二人です。

やさしいお姉さんに感謝です。

無事、夕方に家に着きましたとさ。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 22, 2013

島根の旅 2日目 石見銀山

温泉津温泉から石見銀山までは30分ぐらい
世界遺産センターの駐車場に車を置いて
バスで移動
大森停留場で降りる。

五百羅漢前の橋です。

Img_0740

銀山地区と町並み地区のコースに分かれる
若者は自転車を借りて、両方とも行くのだろうが、
私たちは町並み地区を歩くことにした。
0.8kmに道のり、写真を撮ったり、店をのぞいたり
ぶ~らぶ~ら
入り口すぐに、『群言堂』見つけ

Dscf3692

中は撮影禁止だったので、残念。
中庭を見ながらのカフェ。
珈琲とケーキをいただきました。
母が食べた豆乳プリンは、塗りのお椀に入ってました。
ケーキはお箸で食べました。
私はシフォンケーキを食べたのですが、ここのシフォンは
しっとりしていて美味しかったです。
 雑貨も和テイスト。服も生地から、気持ちよく色々欲しくはなりましたが
我慢、我慢。
 ちょっとだけ、小さな人形をお土産に。
旦那様はお箸、私は『風呂敷ハンド』という風呂敷や四角い布を
二つ折りにして両端を金具に通すと簡単なハンドバックになるという、
革製のバンドをしかも赤を買っちゃいました。
 ここは旦那様もとても気に入ってました。
帰ってきてからも、ネットで、ここのことを調べておりました。
もっとゆっくり見たかったけど、連れがいるもので・・・
 この店の向かいにもここのお店があってここは布を量り売りしたり
糸などもあって、またまた楽しくなりました。
 ここを出たら、ぶ~らぶ~ら

Img_0750

趣のある町並み、世界遺産となると、その中で暮らす人たちは
それなりに苦労があるようで・・・
 自動販売機もこんな風に

Img_0755

Img_0757

Img_0760

Img_0761

ここは群言堂の店主が住んでいて、
宿にもなってます。一般公開してないので、入れません。
泊まるしかないかな~。

 

Img_0766

Img_0769

カフェ・カリアーリここの珈琲が飲みたかった。
でも、さっき飲んだばかりなので、
挽いた豆だけ買ってきた。

Img_0776

水瓶の中にはめだかがいました。

Img_0780

Img_0784

測量計も木のボックスで囲ってます。

Img_0788

Img_0790

帰りのバスを待つ間、ここでお昼をたべました。

次は出雲大社です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

島根の旅 2日目

2日目の朝
朝が明けるのが少し遅い。
朝食を食べて、
チェックアウトまで、
町を旦那様と散歩。

Img_0685

Img_0686

Img_0687

 

Img_0691

Img_0694

港までブラブラ~砂浜ではシーグラスを拾いました。
ここはシーグラスが一杯落ちてます。
 来た道を戻り

Dscf3663

Dscf3665

美容院の軒下・・・なんだ~?
不気味です。笑える~ゥ
 宿を越えて山の方へ

     

Img_0730

 

共同浴場が2箇所あります。Img_0718

Img_0732

 

Img_0728

こちらはギャラリーとカフェImg_0723

この温泉街私好きだな~。
宿に戻って、出発です。
まずは石見銀山へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

島根の旅 1日目

 もう1週間たってしまいましたが、
先週の15日から、旦那様の両親と一緒に
島根へ2泊3かの旅に行ってきました。
 目的は、父が行きたいと言う
やさか共同農場 
石見空港からレンタカーで移動

Img_0672_2

Img_0671_2

浜田市の山の奥にあります。
社長の奥様が、丁寧に案内説明してくれました。
 後はせっかくなので島根の旅を楽しみます。
この日は石見銀山近くの温泉津温泉に泊まります。

Dscf3644_2

途中日本海に沈む夕日です。
 温泉津温泉は、漁港のそばにあります。

 

Dscf3650

とてもレトロな町並み。

 

Img_0682

宿は輝雲荘 まずはお風呂に入ってから、夕食です。

Img_0683

がんばって、お刺身も追加。
お醤油がちょっと甘めで、お刺身にはちょっと合わなかったかな?
地元の醤油らしいのですが・・・
お酒も飲み、
 いい気分になり、旦那様は寝てしまい。TVは
眩しいし、うるさいから、寝るしかなく、電気を消したら、
真っ暗だし、し~んとしていて他のお客様はいないのじゃないのかと?
 私はもう一度お風呂へ、露天風呂が気持ちいい~。
温まったし、私も寝ました。本当に静か・・・・

       
       

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2009

お引っ越し

春分の日。
朝、雨が上がってる内にに荷物を車に運んだ。ステーションワゴン車に乗るだけの荷物なので、
これが引っ越しと思えるくらい少ない荷物。
旦那様の実家によって、お線香をあげててから出発。
 雨が降ってきた。東京も雨かな~?
Dscf4460
常磐道に乗ってしばらくすると雨の中幌もなく走るトラック。
柵の中には豚君たちがギューギューに乗っかってる。
灰色の空の下、豚はやけにピンク色で目立った。
 アパート探しの時は、いわきを6時頃に出たので渋滞にも巻き込まれずにすんだ。
それがいけなかった。
休日のしかもお引っ越し時。
首都高は動かないということを忘れていた。
やっぱり三郷を過ぎるとなかなか進まなかった。

いつの間にか雨は上がっていて、遠くの空は明るくなっていた。
富士山見えるかな~。裾のあたりがよ~く見るとわかった。
一瞬蜃気楼のような富士山が白く浮かび上がった。
目をこらさないと見えない。カメラでは、見つけられない。残念。
 高速を降りて多摩センターの駅に向かう。東京の道は難しい。
不動産屋が見つからない。旦那様がいらついてきた。
仕方ないから車を道ばたに止めて、息子と二人歩いた。
目的のビルは見えるけど、車が入っていけないのだ。
ここは車通ってもいいのかなと思える川沿い道を歩く。
タートルのシャツを着ていた私は、汗ばんでしまうほど暖かい。
すっかり晴れている。川沿いの桜の木1輪咲いてるのを見つけた。まだ開花宣言にはならないな~。

不動産屋から鍵を受け取り、アパートに向かった。
多摩センターからだと車で5分弱。どうにか1時前には着けた。
 荷物を降ろして、3階の部屋まで運ぶ。電器屋さん・ニトリまだ来てない。セーフ!
とにかくお腹がすいたので、女の子2人でお買い物徒歩5分。大きなスーパーがある。
なんだか、いわきのスーパーよりは安い。
食品もそろってる。2階には日用品もお酒もある。
つい色々なものに目がいく。
 とにかくお腹がすいてるから、
お弁当を買ってアパートに戻った。
結構な値段したので、レシートを見て確かめると、
ビックリ!ゴミ袋が高い。市指定のゴミ袋。こんな値段だとゴミを出さないようにするのかもね。

 腹ごしらえをして、荷物をかたづけて、カーテンをつけたら20cmくらい長い。
まーいいさ。裁縫道具を持つように言ったのに息子は忘れてた。
その内自分で縫ってください。

旦那様をおいて3人でまたスーパーに行って足りないものを買いに行った。
その間に家電が届いていた。
ベランダの洗濯機の蛇口が水漏れする。
部屋のドアの鍵が開けづらい。不動産屋さんに連絡。
 その内ニトリもやってきた。
家具やベットを組み立てて、部屋は一応形になった。
Dscf4466

 あとは息子が工夫して暮らせばよい。

ガス屋さんが来ない。窓の外を見ると、ガス屋の車が止まってるけど、
このアパートには来ないのです。
 約束の5時が過ぎて6時も近くなり、電話をしてみた。
ムコウの勘違いで、次の日の予定になってたらしい。
でも10分で来るというので待っていた。
6時半、ガス屋さんも帰り終了。

娘はお買い物をしたかった。私も。
でも旦那様は元々そのつもりはない。
ガス屋さんがもっと早く来ていれば、ゆっくりできたけど。

 でも息子のベットがあまりにちゃちぃーのでせめてマットを買ってこようと、
多摩センターのニトリに出かけ買い物をして、8時頃アパートを出た。
 息子は23日地元でライブがあるので、一緒にまたいわきに戻る。
せっかく東京に来たから、泊まってもよかったけど、
どうも旦那様が東京に長居はしたくないらしい。

 とにかくお腹がすいてるので、駐車場のある食べ物屋を探す。
甲州街道を新宿に向かって、道沿いのファミレスに入った。
 いったん首都高に乗ったけど、娘がこのまま帰るのかと、
つまらなそうだったので、首都高を降りて、渋谷に向かった。
9時を過ぎてるのに、街はキラキラしている。
246を走る。この道はバイクでよく通った道。
 「こんな都会は僕は来ないな~。お茶の水が好きだ。」と息子がぽつりと言った。

でもやっぱり青山はお洒落だ。歩いてる人も建物も。

Dscf4477 本田ビル。旦那とよく来たな~。

そして銀座。
Dscf4480
ワコーの前です。
銀座の街は明るすぎです。夜中にあんなに眩しいのは反則です。

東京タワーは一瞬しか見えませんでした。

でも娘も東京の街をドライブしたのでご機嫌もよくなりました。

 高速に乗るのに苦労しました。標識が見えても入り口がわからない。

 ようやく浜町から乗ることができました。
ここだって建物の中に入っていくみたいな入り口でした。

高速に乗り常磐道に乗ると安心して私は眠ってしまい、

目が覚めるとあたりは真っ暗。星がよく見えます。

東京の夜は本当にキラキラしてました。

我が家には12時ちょっと前に到着しました。

ぎりぎりセーフで東京日帰りができました。








 

| | Comments (4) | TrackBack (0)