September 02, 2009

も~うイヤダ!!

 も~ういイヤダ!!誰か涙を止めて下さい。
目の周りが痛い。何処まで涙ってあるんだろう?
もういいだろう?もう、枯れてもいいだろう?
でも、気がつくと勝手に涙が溢れ出す。
 昨日の朝、台風が去ったいわきの空は青空が光っていた。
私はお弁当の仕度でキッチンに、娘はウサギの世話のため外にいた。
娘が泣き叫ぶ 「リュウが倒れた!」
 前の日台風の影響で外は風が強く雨もぱらついていた。
私が昼を食べてるとき、小さいけど奇妙な声がした。
リュウだ。窓からリュウを探す。水嫌いのリュウが雨の中
立っている。声とも付かない声を小刻みに苦しそうに発している。
近頃のリュウは小屋になかなか入らない。雨でも夜でも。
えさも食べない。なのに私が外に出ると、
大丈夫だと言うかのように、残ってるえさを食べようとする。
私がパンを持って来て小屋に入るよう、示しても入らない。
小屋の中にパンを置く。パンをたべるために、小屋に頭を突っ込む。
 もう、お盆を過ぎた頃からえさを食べなくなっていた。
夏に弱いのでいつものことではあるけど、今年は違う。
 でもパンだけは食べた。苦しそうだけど食べた。
小屋に入ってるか確かめるために、玄関を開けると、私に気がつき
動き出す。もう静かにそこで休んでいてほしい。無理するな。
 リュウは家の中に3回しか入ったことがない。
この家に来たときから、『犬だから外』と旦那様が言い聞かせてきた。
 でも台風の時小屋が飛ばされそうなので、玄関に入れてあげた。
今回も丁度台風。玄関に入っても座ろうとしない。立ったまま。
苦しみに耐えている。
 私たちが覗くと答えるように動き出す。声も出ない。
灯りを消すとどうにか座った。 私は朝起きるのが怖かった。
 朝、台風は去り、リュウも起きていた。外に出たがり、青空のした、
いつもの場所に出て行った。パンも食べた。
 「昨日より少し元気になった」と旦那様が言った。
私は朝の仕度を始めた。
娘も起きて、リュウを心配しながら、ウサギの世話をしていた。
 リュウは娘の見ている前で、倒れた。
私たちが起きるのを待ってたのかな?
「大丈夫です。パンも食べれます。」
 いつもここで私たちの帰りを待ってたリュウ。
娘と主人の見守る中で、朝6時50分。
静かに息は消えていった。
 さよなら、リュウ。
Dscf4721

 これは元気な頃の写真。庭先でお昼寝。

リュウは12年前の夏の初め、やってきた。
旦那様と子供は犬を飼いたがっていた。
私はダメと言っていた。
 庭仕事をしていると、隣の家のお兄ちゃんが、子犬の散歩をしに家の前を通った。
駆けてきた。思わず私は抱き上げてしまった。
 お兄ちゃんが「おばちゃん、この犬飼ってくれない?」
私は、旦那様の方に子犬を差し出していた。
息子は近くの公園でソフトボールの練習から帰ってきて、大喜び。
彼が『リュウ』と名付けた。娘は未だ3歳だった。
 学校から帰ってきて、遊びの合間に散歩をするのが息子の日課となった。
息子は中学に入ってからもしばらくは朝散歩してから出かけていた。
娘は、お父さんがリュウと散歩するときといつも一緒に散歩していた。 

二人とも、家に帰ってきて、私がいないとリュウと遊んで私の帰りを待っていた。
旦那様は土日自転車で一緒に出かけてた。彼の趣味はリュウだろうと思えた。
これからどうなっちゃうんだろう????この人。
 子供達と一緒に育ってきたリュウ。

東京にいる息子に電話をしても出ない。寝ているのだろう。
留守電とメールでリュウの死んだことを知らせた。
 お昼過ぎに起きてた息子は電話をしてきた。
息子は私に似て男のくせに泣き虫だ。
一週間前に、息子が東京に帰るとき、
「リュウは今度帰ってくるときにはいなくなってるかもしれない」
 と私がぽつりと言うと、冗談として聞き流していた。
リュウは強がってたんだよ。きっと。
よれよれのくせに息子とも遊んであげていた。
 あれからたった1週間だった。
夏と一緒に逝っちゃったんだね。
キラキラとした青空の中。
 海の側にある丘に旦那様と私でお墓を作って埋めた。
こんなところに一人でかわいそうかな?
リュウが空に届いた頃からづ~っと雲が空を覆い尽くしている。
あんなに朝は晴れてたのに。
今頃雲の上を思いっきり走り回ってるんだろう。

    リュウ、ありがとう。バイバイ。

 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 27, 2008

新しい犬小屋

Dscf0822 Dscf0821 Dscf0818_3

 久々の愛犬・竜君登場です。 

先週の土曜日東京では春一番が吹いた日、ここいわきも暴雨風&雷でした。雨が止んでも風は治まらず、我が家の庭では渦巻きにゴミがぐるぐると舞っている状態でした。ガラクタが飛ばされ、白樺の木も折れてしまうし、庭から飛び出て道にもゴミ。通る人に迷惑掛ると思って、私が飛ばされそうになりながら拾い集め、風当たりの少ないところにゴミは集めました。ふと、こんなに大きなものが飛ばされてるのならもしや?竜の小屋も?と思ったらやっぱりひっくり返ってました。家の裏に積んであったタイヤも飛ばされ雨どいの一部も破損してました。犬小屋は前にも台風のとき飛ばされていたけど、今度は壊れてしまいました。もう10年ものだものね。

 次の日旦那様がホームセンターで買ってきた犬小屋です。確か旦那様は犬小屋を作るための材料を買いに行ったはず。まっ、いいか。キットを組み立てて出来上がり。なかなか可愛い小屋です。新しい小屋に入るかな~という心配はいらず、何のためらいもなく新しい小屋には行って丸まっていました。のでカメラを向けたら、遊んでもらえると思って、出てきてしまいました。中に入ってる写真は撮れませんでした。この写真は娘が撮ったものです。遊んでくれないかな~感があふれてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2005

愛犬・・・竜

我が家の愛犬竜様・・・遂にブログデビュー!!

                                                                                                                                                                                                              DSC03432 DSC03429                                                      

昨日の竜です。休みの日はご主人様が家にいるので・・・ご主人様の声がするとクンクンと落ち着かず・・・私が傍で撮影してるというのに・・・竜君は玄関のほうを愛しそうに見つめてます。散歩に連れてけと・・・そろそろご主人様出てくる頃だと・・・ジーっと見つめてるのです。飼い主があほなのでしつけがなってないけど・・・頭のいい犬です。仕事に行くご主人様と休日のご主人様を見わける・・・シぃ。ある日、誰かお客様の気配もないのに竜が吠え続けるので・・・外に出たら・・・私の車が緩やかな坂の上にあったはずなのに・・・ゆっくりとバックして動いてました。危機一髪・・・溝に落ちる手前で私は車にのりこみ止めることができました。

 もう8歳の竜君・・・口の周りも白髪になってきました。この頃は脱走もしなくなりましたね。家の旦那様をよろしくね。君がいないと・・・だんな様は・・・休日何もすることがないんだから・・・。酔っ払って帰ってきたご主人様の話を聞いてあげてね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 16, 2005

我が家の犬?

娘が撮ってきました。DSC03194 DSC03203

学校の帰り道沿いの素敵なお家のラブラドールが子犬を産んだんだそうです。学校で使うのでたまたまデジカメ持ってたので・・・パチリ!!かわいいですー。でも我が家には・・・もう犬いるし・・・ラブラドールって大きいし、たくさん食べるんだよね・・・養えないよー!我が家の犬(名前は竜リュウ)より先にブログデビューさせてしまって・・・リュウかわいそう???

| | Comments (2) | TrackBack (0)